FC2ブログ

デジタルDJ環境の話 2010

ターンテーブル3台によるアナログDJ環境をやめ、Traktorを用いたデジタルDJ環境になって早2年半。この2年半の間にデジタルDJの良さ、悪さが理解できてきたため、再度まとめなおそうと思います。ここで比較対象とするデジタル、アナログDJ環境は以下の通りです。

■対象とする環境
・ジャンル
 ・テクノ
・デジタルDJ環境
 ・DJ用ソフトウェアはTraktor.
 ・デジタル音声フォーマットでHDDの中に格納。
 ・4 decks.
 ・Syncボタンにより楽曲のBPMをあわせるて混ぜる。
 ・ミキサーはソフトウェアではなく外部ミキサーを使用。
・アナログDJ環境
 ・ヴァイナルをレコードボックスに格納。
 ・3 decks.
 ・伝統的なやり方にてピッチを合わせ、楽曲を混ぜる。

■デジタルDJ環境を選択した際のメリット

・楽曲の保管と検索が楽
これが一番大きいメリットでした。HDDなど、データ保存用メディアに音声ファイルが保存できるので、部屋がレコードで埋もれることがなくなりました。また楽曲の整理整頓もとても楽になりました。あの曲どこにやったっけ・・・といのもCtrl+Fで一発解決。

・楽曲を手に入れるのが楽
ヴァイナルはタイミングを逃すと本当に手に入れるのが難しいですが、音声ファイルは品切れを気にしなくてもいいのが大きいです。また、わざわざ店に出向かなくても画面操作ひとつで楽曲を手に入れられます。試聴の手間も少なく、ヴァイナルよりも多くの曲を聴くことができます。(フルレングスで聴けるオンラインショップは少ないですが・・・。)楽曲単位で購入できるため、ほしい曲が安く手に入るのも良いです。そして、テクノクラシックも容易に手に入れることができます。

・多様な音源を利用できる
これはCDJでも同じですが、CDでしか出ていないような一般的な音源を利用することができます。また、デジタル専門でリリースするレーベルも、とても多くなってきました。

・ピッチ合わせが楽
これはすごいです。TraktorのSyncボタンを押せば、それだけで楽曲のピッチはほぼ同期します。ピッチを合わせる行為に愛着がなければ、もはや実施する必要はないのです。私はピッチ合わせの作業がなくなったので、4デッキ使って音を混ぜる作業に没頭することができるようになりました。(最後にぴったりピッチを合わせる際の微調整のスキルが必要なので耳は鍛えないといけないですが。)

■デジタルDJ環境を選択した際のデメリット
明確なデメリットはあまり無いように感じますが、例えば、以下のようなことは挙げられると思います。

・音声ファイルロストのリスク
やはりデジタルDJ最大のデメリットがこれでしょう。今は2台のHDDに音声ファイルをコピーしていますが、両方のHDDが壊れて音声ファイルがロストするなんて、ありえる話です。かといって安定したメディアにデータを移すのも手間がかかる。難しい話です。

・マシン不具合に関するリスク(12/17追記)
デジタル機器に不具合はつきものです。出先で突然動かなくなった、故障した、という可能性があります。一方でヴァイナルはターンテーブルさえあれば音を出すことができます。こういったリスク面を考えると、ヴァイナルの安定性のほうが抜きん出ていると言えます。

・ヴァイナルに手で触れる各種テクニックを使いにくい
フルデジタル環境ではバックスピンやスクラッチはできないので、コントロールヴァイナルを導入する必要があります。また、コントロールヴァイナルを導入してもレイテンシーの問題があり、やはり違和感はあります。

・レコードのみでリリースされる音源に気付き難い
白盤や匿名性の高い盤はデジタルリリースされないことが多く、レコードのリリースをチェックしなければ、そのような音源を見逃すことが多いです。

・オリジナルなデジタル音源が存在しないテクノクラシックはまだまだとっても多い
テクノクラシックのうち、デジタル音源化されているものはほんの一部です。そして、すでにデジタル音源化が望めないレーベルもたくさんあります。そのような音源はレコードから取り込むしかありません。

■アナログDJ環境を選択する意義
デジタルDJ環境を選択するデメリットが殆ど無い以上、少なくともテクノDJについては、ヴァイナルへの強い愛着がある人以外は、アナログDJ環境を選択するメリットはないかと思います。

一方、ヴァイナルへの強い愛着がある人はアナログDJ環境を選択することにより、エモーショナルな価値を得られるでしょう。新しいヴァイナルに針を落とすときの興奮、針が溝を擦るときのノイズの心地よさ、ジャケットのにおい、苦労して入手したときの喜び、ヴァイナルに手で触れる実感、ミックス時にピッチがずれていくドキドキ感など、デジタルDJ環境には存在しない価値がそこにはあります。(しかし、未来に現れるであろう純粋なデジタルネイティブ世代にとっては、持つことのない価値観になっていくでしょう。)

■音質の差異
ヴァイナルの物理的特性があるため、マスタリングの仕方がデジタル音源とヴァイナルでは異なっていることが多く、デジタル音源のほうが低音域、高音域がはっきりと出る傾向にあります。これは好みの問題かなと思います。また、クラブでの聞こえ方については、クラブのPAがヴァイナルにあわせてあれば、デジタル音源の音が耳に刺さってきますし、デジタル音源にあわせてあれば、ヴァイナルの音がこもって聞こえることになるでしょう。

■最後に
デジタル化とは、アナログ世代が持つエモーショナルな価値とトレードして、効率を手に入れる行為です。エモーショナルな価値と効率を天秤にかけて、後者が重要ならばデジタル化に踏み切るのが良いと思います。私はデジタル化によって効率を手に入れたことにより、日々忙しくなっていく中でも、テクノを聴く生活を続けることができるようになりました。

既にデジタルDJ環境はアナログDJ環境の代替たり得る機能を獲得しました。効率に関する諸問題を抱えている人は、デジタルDJ環境に舵をきっても良いと思います。楽曲の入手コストが低いので、デジタルDJ環境をそろえるのにかかったコストは、半年~一年程度でペイすることができるはずです。

これからDJ環境をそろえようと考えている方については、デジタルDJ環境を選択したほうが良いのではないかと思います。そして、アナログ的価値観を重要と考える方については、それはとても大切な価値観だと思います。新たな世代が持たない武器として、ユニークなものとなるのではないでしょうか。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

Keif (gomma)

Author:Keif (gomma)
- Twitter
- SoundCloud

ブログ内検索