5015: Sesame & Strawberry

淡々とテクノ音楽を紹介していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Selection (17 Nov. 2007)

KOLLEKTIV TURMSTRASSE - Abenteuer Alltag EP
ファーストリリースから、この人たちの盤にずっと憧れていた。やっと自分のスタイルでも混ぜられそうな曲が出て感動してる。美麗なるテックハウス。

Pär GRINDVIK - Continuate
The Battle of Birth Elizabeth 路線。ノイジーミニマル。

Adam BEYER - Swedish Silver (remixes)
Paco Osuna Remix が良い。適度な重さとミニマルグルーヴ。ところどころにトリッキーなブレイクをはさみつつ。

Len FAKI/REDSHAPE - What's On A Moog's Mind?
Redshape の曲がすごく良い。隙間のあるドラムシーケンスとねっとりと濃厚なシンセフレーズ。Len Faki のは前 Podium リリースの曲の別バージョン。前のがきれいで好きかなー。

The ADVENT vs JOEY BELTRAM - Fractals
Kombination Research のリリースは久しぶりな気がする。両曲とも The Advent と Joey Beltram の良いところが混ざり合ってて素敵です。A side はベルトラム色強め。B side はアドベント色強め。

MOOJORK - Moojork
ビョークネタの謎盤。

MARKANTONIO - My Lab EP
なんと Mauro Picotto の Alchemy からナポリ一派のマルカントニオがリリース。全曲重めのミニマル。

スポンサーサイト

Selection (24 Oct. 2007)

Technique に発注。

DJ YELLOW - Forever & Even More
物悲しいフレーズのメロディアスなテックハウス A1 が好き。

DJ YELLOW - No More Enemie
Dubfire のリミックスが強烈な音像で面白いね。

MEAT KATIE/D RAMIREZ feat ODISSI - Stop The Revolution Part 2
Dubfire のリミックスがグルーヴィーで良い。こんな激しい音も作るんだね。

ATTIAS - Analysis
最近の Planet E は旧来のデトロイトと最近のミニマル傾向がうまく混ざった音を出してて良いね。

WE CAN DO IT - Der Geist In Der Muschel
巷で話題の攻殻機動隊ネタ。

HARDCELL - The Continuity Approach EP
Drumcode もずいぶん変わったなあ。B 面がノイジーでおもしろい。

Bart SKILS/ANTON PIEETE aka DISTRICT ONE - The Shining
これまでよりミニマル寄りであっさり。Rejected のリミックス入り。

Pär GRINDVIK - World Of Mine
B2 のちょっとトライバルの入ったテックハウスが好き。

Selection (11 Mar. 2007)

Cave / Ortin Cam - 6 Bullets on the Subway EP [Abyss]
Cave の曲すっごいわー。いつものパーカッション乱れうちを金属音でやるとこうなるのね。Ortin Cam のヤツはミニマルとトライバルハードテクノの中間。変わった試みで面白い。

Heiko Laux - Waves Remixed [Kanzleramt]
Steve Rachmad のリミックスが良い。ひたすら反復される美しいストリングスのデトロイト + ミニマル。

Sean Palim / Matt Xavier - Gravity Pimps EP [Railyard]
Sean Palim の曲が良い。Extrawelt のミニマル寄りの作風からさらに音数を減らしていった感じ。低音がグルーヴィー。

Soulrack - Modul Age EP [Cray1 Lab Works]
Sleeparchive Remix 入りながらも、オリジナルが良い出来。ギミックを凝らした、カッチリしたグルーヴのミニマル。

Selection (10 Feb. 2007)

Hardcell & Grindbik - Gain 07 [Drumcode]
Adam Beyer Remix が良い。ミニマルスタイルで培った表現を取り入れつつも、ハードな音に回帰してきた感じ。

Nathan Fake - Outhouse Remixes Part 2 [Recycled Loops]
Mad Eye スタイルのシーケンスと原曲の美しいフレーズが絡む Valentino Kanzyani Remix がオススメ。

Paul Ritch - Samba EP [Resopal]
シャッフルの効いたパーカッシヴなミニマル。Alex Under 好きな人はチェック。

Selection (31 Jan. 2007)

Michel de Hey - Catfight / Dogmatic [Hey!]
A side: ふにゃふにゃポワポワした不安定なミニマル。B side: 静かな雰囲気の軽くジャジーなテックハウス。

Phil Kieran - Skyhook [Novamute]
変態的エレクトロハウス。Elotic Discourse に始まり、こういうのは人気でそうだよね。ミニマルの人は A side, クリックの人は B2 かなあ。

Samuel L Session - Can You Relate EP [Klap Klap]
今作はミニマルというよりもプログレ寄りな雰囲気。悪くない。B side は Joris Voorn ぽいデトロイトフォロースタイル。

 | HOME | 

プロフィール

gomma (Kei F)

Author:gomma (Kei F)
Mail: gomma14(at)gmail.com (at) -> @

- Twitter
- Twitter (Tracklist)
- SoundCloud
- Ustream
- pastport

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

Designed by Miya@loconet 

FC2Ad

Copyright © 5015: Sesame & Strawberry All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。